Hansatech社製 酸素測定システム Oxygraph+

  •  光合成又は呼吸を容易に測定 
  •  キュベットの豊富なラインナップ 
  •  ソフトウェアを使用して容易な校正 

カタログPDF ダウンロード

概要

Oxygraph+はサンプルが呼吸をする時に発生する酸素、または消費する酸素を測定します。 クラーク型の酸素電極には、反応速度の速いメンブレンを採用しています。 スターラー付きのコントローラーで正確な酸素濃度がモニターできます。

★S1酸素電極ディスク 40年の実績を持つ品質・信頼性を伴うセンサー

  • 交換用酸素電極ディスク
  • Oxyview、Oxygraph +、Oxytherm +、およびOxylab +電極制御ユニットで使用する場合
  • 従来のOxygraphおよびOxylab電極制御ユニットでも使用可能
  • 部品番号 S1

1970年代初頭のTomDelieuとDavidWalkerによる元の設計以来、S1クラークタイプの酸素電極ディスクはほとんど変更されていません。これはセンサーの品質と信頼性の真の証です。 S1は、エポキシ樹脂ディスクにセットされたプラチナカソードとシルバーアノードで構成され、酸素透過性PTFEメンブレンの下に50%飽和KCl溶液の層をトラップすることによって使用できるように準備されています。 メンブレンの下に配置されたペーパースペーサーは、アノードとカソードの間に電解質の均一な層を提供する芯として機能します。 これらの電極間に小さな電圧が印加されると(白金は銀に対して負になります)、流れる電流は最初は無視でき、白金は分極します(つまり、外部から印加された電位を採用します)。 この電位が700mVに増加すると、酸素は白金表面で還元され、最初は過酸化水素H2O2になります。そのため、電子が酸素(電子受容体として機能)に供与されると極性が放電する傾向があります。 次に流れる電流は、化学量論的にカソードで消費される酸素に関連しています。

S1は、電極制御ユニットに接続すると、酸素濃度の小さな変化を検出するための高速で効果的かつ正確な方法を提供します。

★DW1電極チャンバー

0.2〜2.5mlの液相サンプル中の溶存酸素測定に対応した汎用性の高いチャンバー

★DW1/AD電極チャンバー

呼吸分析に特化した0.2mlの少量サンプルに対応した気密プランジャーは、測定不具合を引き起こす可能性のあるチャンバー内への周辺酸素の流入を防止します。

★DW2/2電極チャンバー

液相サンプルに対応した分光分析と酸素測定を同時に行う高度な酸素電極チャンバー。

★DW3電極チャンバー

1~20mlの海水試料に対する大型藻類の光合成/呼吸測定に適したチャンバー。

★LD1/2電極チャンバー

リーフディスクサンプルの酸素交換を測定する エントリーレベルのチャンバー。

★LD2/3電極チャンバー

リーフディスクサンプルの酸素交換を測定する高精度な温度制御機能を備えたチャンバー。

★OXYT1

サンプルおよび電極の温度を制御するペルチェ付制御ユニット。

★LED1

DW2/2用に設計された3色(白色、青色、赤色から1種選択)の単一LED光源。出力:2000μmolm-2 s-1

★OXYL1

光源が内蔵された制御ユニット。

★LH36/2R

36個の赤色LEDを組み合わせた光源。DW3液相電極チャンバー、LD1/2、LD2/3ガス相電極チャンバー用に設計されています。

★LS2

高輝度(100W)タングステンハロゲン光源。

★OXY/ECU

OxygraphおよびOxythermシステム用アクセサリ。、水素および酸化窒素等の分析を可能にします。 Oxygraph+、Oxytherm+、Oxylab+用のOXY/ECUアクセサリを使用することで、-1200mV~-600mVおよび600mV~1200mVの範囲において50mVステップで分極電圧をユーザーが選択でき、システムの柔軟性を向上させることが可能です。 これにより、一酸化窒素のような他の物質を-800mVで測定することができます。更にOXY/ECUはS1酸素電極ディスクを、+700mVの逆極性で液相/気相水素測定が可能なプラチナブラック/塩化銀電極に変換するメッキ工程を自動化しました。

スターラーバー

DW1、DW1/AD、DW2/2用PTFEコーティングマグネットフォロワー5個入り。型番 S2/P

メンブレン

PTFEメンブレン30mリール、寸法 0.0125mm x 25mm x 30m、型番 S4


メンブレンアプリケーター

電極ディスクの作成が容易になります。型番 A2


電極ディスククリーニングキット

電極板クリーニングペースト&綿棒、型番 S16


「酸素発生測定」『低温科学』67 pp. 89-94. 北海道大学低温科学研究所, 日本光合成研究会

文献についてはこちらをご参照ください。

ファインバブル分散液の酸素含有量を測定する画期的な方法

文献についてはこちらをご参照ください。

Hansatech社製品を使った論文一覧データベース

データベースついてはこちらからダウンロードできます。

測定・校正に関して
こんなお悩みがありましたらご相談下さい。

  • どの様に光学測定をすればよいのか分からない
  • 複雑な形状な物の測定をしたい
  • 製品の光安全性のリスク評価が欲しい
  • ISO17025認定の光学校正が必要
  • 開発品の評価をして欲しい
  • 第三者測定機関による品質評価をして欲しい

電話でのお問い合わせ

( 平日 9:00 ~ 17:00 )