藻類培養装置MC1000-OD

  • 懸濁状態で生育する独立栄養微生物および従属栄養微生物の培養
  • 8つ容器を並列
  • 各容器のODモニタリング(680および720 nm)
  • 標準白色LED(Multiバージョン、MIXバージョンでは他の色も選択可)
  • 全ての容器に対して均一な温度

カタログPDF ダウンロード

概要

MC1000-ODは、藻類、シアノバクテリア、植物細胞などの光合成生物の小規模スクリーニング実験を目的としています。
また、他の微生物、例えば従属栄養細菌および懸濁液中で成長した酵母は、このタイプの培養器を活用することができます。
さまざまな生物、変異体の比較研究を迅速に実行できます。

特長

MC1000-ODは8本の試験管から成り温度制御、光、および通気条件の下で1本あたり最大85mlのサンプルを測定できます。
試験管は温度制御された水槽内に設置されます。
各試験管における光強度を調整可能です。
各容器のODをモニタリングできます。

MC-1000のバージョン

Multi-Cultivator-1000-ODは、標準、マルチ、ミックス、これら3つの異なるバージョンを提供します 個々のバージョンは、機能は同じですが、照明が異なります

MC1000-OD

標準の単色バージョン(通常はクールホワイト、単色デバイスバージョンのオプションの色:ウォームホワイト、赤635 nm、青470 nm)。 最大1.000µmol.m-2.s-1の照度(オプションのライトアップグレードでは最大2.500 µmol.m-2.s-1)

MC1000-OD-MULTI

マルチカラーデバイスバージョン。 8本の試験管が装備されています。各チューブは異なる波長の光で照らされます。 使用可能な色(単色スロット):UV-バイオレット405 nm、ロイヤルブルー450 nm、ブルー470 nm、ウォームホワイト、グリーン540 nm、イエローオレンジ590 nm、ディープレッド660 nm、ファーレッド730nm。 1.000 µmol.m-2.s-1までの照度。 セットアップは、特定のニーズに応じてカスタマイズ可能です

MC1000-OD-MIX

このバージョンは、各培養スロット内で最大8つの異なるLEDカラーを組み合わせることが可能。各スロットの各色は個別に制御でき、カスタマイズされたスペクトルをユーザーが定義可能。 使用可能な色(混合色スロット):UV-バイオレット405 nm、ロイヤルブルー450 nm、ブルー475 nm、2 xウォームホワイト、グリーン530 nm、レッドオレンジ615 nm、ディープレッド660 nm、ファーレッド730nm。最大2.500µmol.m-2.s-1の照度(つまり、各色/スロットで300 µmol.m-2.s-1)。 ウォームホワイトは2つのLED回路で照射されるため、最大600μmol.m-2.s-1の強度が得られます。 このバージョンのコンピューター制御が要求されます(ソフトウェア付きコントロールユニットを注文する必要があります)

注:ナノメートル単位の波長は、例示的な最大ピーク値を示していますが、スペクトル範囲は各色で広くなっています。最大ピーク値はわずかに異なる場合があります

培養容器

  • 8本の丸いガラスの試験管。 培養懸濁液80ml。 チューブ径は27mmです
  • 曝気入力と廃棄物出力を備えたシリコーン不活性ストッパー
  • 操作がより簡単で安全なガラス製曝気管(標準)またはステンレス鋼製曝気管(オプション)
  • オートクレーブ可能なデザイン
  • 試験管からの媒体の蒸発の増加を避け、散布空気を湿らせるための加湿器
  • 曝気管を介した培養サンプリング用の3方向サンプリングバルブ(オプション)。 オートクレーブ不可
  • 温度調節

  • 8本のテストチューブを入れ子にするサーモスタット付きウォーターバス
  • 温度範囲:  •周囲温度より5〜10°C高く(光の強度に応じて)、最大60°C(標準)  •冷却ユニットAC-710(オプション)で15〜60°C
  • すべてのチューブ間およびそれらの垂直プロファイル内の均一な温度は、チューブ全体を水浴に浸し、十分な水を混合することによって保証されます
  • 高温または長期の培養中にサーモスタット付きウォーターバスに自動的に水を補充するためのPWMポンプ(オプション)
  • 光源装置

  • LED光源
  • 照明は、強度、タイミング、および変調において、各テストチューブに対して個別に調整可能です
  • 最大1.000µmol.m-2.s-1の照明(オプションで、ライトアップグレードでは最大2.500 µmol.m-2.s-1-ホワイトバージョンのみ)
  • 単色バージョン:クールホワイト(標準);ウォームホワイト、450、475、530、615、660、730 nm(オプション)
  • マルチカラーバージョン(シングルカラースロット):405、450、475、ウォームホワイト、530、615、660、730nm。強度:最大1.000 µmol.m-2.s-1
  • ミックスカラーバージョン(ミックスカラースロット):405、450、475、ウォームホワイト、530、615、660、730nm。強度:最大2.500 µmol.m-2.s-1、つまりスロットあたりの色あたり約300 µmol.m-2.s-1。ウォームホワイトの色は2つのLED回路で表されるため、ウォームホワイトの強度はスロットあたりの色あたり600 µmol.m-2.s-1になります
  • 一定の光の条件またはさまざまな明暗サイクルの交互点灯
  • 個々のサイクルの長さ:数分から数日まで
  • 光周期のモード:一定の線形増加または減少、日周リズムの単純な模倣のための正弦波モード。  さらに、JavaスクリプトがPhotobioreactor Control Software(高度なバージョンはオプション)に組み込まれており、  高度な光プロトコル(たとえば、実際のバイオマス濃度に応じた自動光強度調整)を作成できます
  • 培養サンプルが不要な外光(日光など)の影響を受けないようにする保護フロントカバー
  • 注:ライトは、真ん中のテストチューブの上部3分の1に配置された球面センサーで校正されています。試験管の光路は27mmです

    曝気システム

  • 曝気システムは、培養物へ充分な混合と空気/CO2供給を提供します
  • 空気源:約1.100ml/分の総空気流量を提供する小型エアレーションポンプ
  • 空気を個々の試験管に分配する手動調整可能なバルブマニホールド
  • 操作がより簡単で安全なガラス製曝気管(標準)またはステンレス鋼製曝気管(オプション)
  • 曝気気泡がOD測定に干渉しないように、OD測定中は曝気が自動的に中断されます。 システムからの残留空気の放出は、内蔵の背圧バルブによって促進されます
  • Parker Prestolok(6 mm)コネクタを介して圧縮空気/ガスを接続するためのモジュールが組み込まれています
  • オプションで、マルチカルチベーターをガス混合システムGMS 150にリンクして、必要なガスの正確な濃度と流量を提供することができます。  詳細については、ガス混合システムGMS150に関する当社のWebサイトを参照してください
  • ODモニタリング

  • OD680および720nmは、各テストチューブに対して自動的かつ独立して測定されます
  • 測定の光路は27mmです
  • OD720は粒子上の光散乱を測定し、バイオマス増加の代用として機能しますが、OD680はクロロフィル吸収に関連しており、クロロフィル濃度の推定に使用できます
  • OD720は粒子上の光散乱を測定し、バイオマス増加の代用として機能します。一方、OD680はクロロフィル吸収に関連し、クロロフィル濃度の推定に使用することが可能
  • クロロフィル-a蛍光の測定は、バイオマスの生理学的状態の概算評価に使用することができます。青色および赤色励起光。決定されたパラメータ。F0、FT、FM、F'M、(F'M - FT/F'M)
  • 光学濃度は定期的に測定され、データはマルチカルチベーターの内部メモリに保存されます。 保存されたデータは、後でPCにダウンロードしてグラフに表示したり、提供されているODViewプログラムを介してTXTまたはExcelファイルにエクスポートしたりできます
  • さらに、フォトバイオリアクター制御ソフトウェア(オプション)により、記録されたデータをリアルタイムでリモートオンラインで視覚化できます。 このソフトウェアを使用すると、ODデータをさまざまな回帰関数に適合させて、実際の成長率の評価を容易にすることができます
  • 静菌培養

  • 静圧モジュール(オプション):各容器のOD680またはOD720を介してバイオマス濃度(濁度)を個別に制御します。 ODは、実験の目的に応じて、一定のレベルまたは事前設定された範囲内に維持できます
  • 媒体供給用の追加ポートを備えた特殊なシリコンストッパー
  • 培地に供給される蠕動ポンプの流量は0.2〜50 ml / minで、各テスト容器で個別に調整できます。すべての培養容器に1つの中程度のリザーバーを使用できます
  • 培養液量は、受動培地オーバーフローによって一定に保たれます
  • このモジュールには、標準のエアポンプと比較してより強力な独自のエアレーションポンプが含まれているため、システム全体を適切にエアレーションするのに十分な電力を供給できます
  • タービドスタットモジュールを操作するには、フォトバイオリアクター制御ソフトウェアを注文する必要があります
  • フォトバイオリアクター コントロールソフトウェア

    オプションで、マルチカルチベーターシステム全体とそのすべての培養および監視機能(光、温度、光学密度、静穏培養、および曝気ガス)をフォトバイオリアクター制御ソフトウェアを介して制御できます。制御ソフトウェアは、すべての測定データのオンライン監視と視覚化、およびユーザー定義のプロトコルの作成のための直感的で動的なインターフェースを提供します

  • フォトバイオリアクター コントロールソフトウェアの詳細についてはこちらをご参照ください
  • アプリケーション

  • マルチチューブ実験計画におけるハイスループットスクリーニング
  • 自然個体群のバイオプロスペクティング
  • さまざまな生物と変異体のテストと比較
  • 栄養素、照明などの多様な培養条件の最適化
  • 藻類の規制プロファイリング
  • 成長ダイナミクスモニタリング
  • 最終製品の歩留まりを最適化
  • 毒性試験
  • フォトバイオリアクター FMT150

    フォトバイオリアクターFMT150は、ベンチトップカルチベーターとコンピューター制御の監視装置の組み合わせを特長としています。 製品ラインは、培養容器の容量が異なる3つの機器(400 ml、1および3 l)で構成されています
    フォトバイオリアクター FMT150の詳細についてはこちらをご参照ください。

    ラージタイプフォトバイオリアクター

    ラージスケールフォトバイオリアクターは、光合成微生物の生産とその代謝物をアップスケールするための人工環境を作り出すシステムです。スタンダードバージョンは平らな培養容器(容量25Lまたは100L)をベースにしていますが、カスタマイズシステムも可能です
    ラージタイプバイオリアクターの詳細についてはこちらをご参照ください。


    測定・校正に関して
    こんなお悩みがありましたらご相談下さい。

    • どの様に光学測定をすればよいのか分からない
    • 複雑な形状な物の測定をしたい
    • 製品の光安全性のリスク評価が欲しい
    • ISO17025認定の光学校正が必要
    • 開発品の評価をして欲しい
    • 第三者測定機関による品質評価をして欲しい

    電話でのお問い合わせ

    ( 平日 9:00 ~ 17:00 )