光合成/呼吸研究用液相酸素電極システム Chlorolab 3+

  •  Oxylab+コントロールユニット
  •  DW3大容量電極チャンバー、2つの光学ポート、S1酸素電極ディスク
  •  LH36/2R LED光源(最大900 µmols m-2 s-1)
  •  酸素濃度0~100%における液相サンプル1~20ml
  •  24ビット高分解能酸素信号測定
  •  16ビット分解能でpHやイオン選択性電極(ISE)信号の測定も可能(オプション)
  •  酸素、補助電極、ISE信号のオンボードLCD表示
  •  光源校正用Quantitherm PAR/温度センサー
  •  データ取得、ハードウェア制御、データ解析用OxyTrace+Windows®ソフトウエア
  •  酸素信号をリアルタイムでアナログ出力することも可能(0〜4.5v)

カタログPDF ダウンロード

<

概要

Oxylab +酸素電極コントロールユニットは、前世代の電極コントロールユニットに比べて 柔軟性と性能が大幅に向上し、印象的な外観と強化された機能を兼ね備えています。 Oxylab+は、葉緑体抽出液から酸素濃度100%までのミトコンドリア懸濁液まで、 幅広い液相サンプルの酸素発生または取り込みを測定することができるとても便利なツールです。 シンプルな操作性と機能性により優れたコストパフォーマンスを提供します。 Oxylab+は教育や研究の場でも同様に活用できます。24ビットの分解能により、装置のゲインを 適用することなく、酸素濃度のわずかな変化を検出できます。そのため、測定したい部分に ズームインした場合でも、ノイズのない美しいトレースが得られます。LED光源を制御する電子回路を 内蔵しており、ユーザーが定義したPFDライトテーブルにより自動的に光量を変化させることが できます。このシステムは、補助入力とイオン選択電極からの信号をリアルタイムでグラフ化し、pH、TPP+、 カルシウム、カリウム、水素イオンなどの信号と同時に酸素活性を総合的に分析することが可能です。 すべての入力からの信号は、さらにOxylab+コントロールユニットのフロントパネルに取り付けられた LCDスクリーンに表示されます。最大2台のOxylab+コントロールユニットを1台のPCに接続し、 OxyTrace+ソフトウェアから同時に操作することで、強力なマルチチャネルシステムを実現できます。

OxyTrace+ソフトウェアOxyTrace+は、システム構成、校正、データ取得、および分析のためにChlorolab2+に付属している多機能Windows®プログラムです。 自動化された2ステップの校正ルーチンは、酸素飽和および酸素ゼロ点から測定された電極値を使用して、システム校正プロセスを迅速かつ効果的にガイドします。

測定・校正に関して
こんなお悩みがありましたらご相談下さい。

  • どの様に光学測定をすればよいのか分からない
  • 複雑な形状な物の測定をしたい
  • 製品の光安全性のリスク評価が欲しい
  • ISO17025認定の光学校正が必要
  • 開発品の評価をして欲しい
  • 第三者測定機関による品質評価をして欲しい

電話でのお問い合わせ

( 平日 9:00 ~ 17:00 )