フォトバイオリアクター FMT150

    フォトバイオリアクターFMT150は、ベンチトップカルチベーターとコンピューター制御の監視装置の組み合わせを特長としています。 製品ラインは、培養容器の容量が異なる3つの機器(400 ml、1および3 l)で構成されています。 すべてのフォトバイオリアクターモデルには、さまざまな特別な実験条件に対応するのに役立つ多くの便利なアクセサリが付属しています。

  • 短光路により最適な照射が可能な平らな培養容器
  • 蒸気滅菌、化学滅菌に適したガラス素材
  • 2色LEDパネル
  • 培養条件(照度、温度、エアレーションなど)の精密なコントロールが可能
  • 光学密度、クロロフィルa蛍光の測定が可能
  • 可変培養計画(pHスタット、タービドスタット、嫌気性など)
  • PBRのカスケード接続により、さらにスケールアップ可能
  • キャスター付きで操作しやすいコンパクトなデザイン
  • カスタマイズにも対応
  • オンラインソフトウェア制御
測定できる単位:

フォトバイオリアクターFMT150は、ベンチトップカルチベーターとコンピューター制御の監視装置の組み合わせを特長としています。 製品ラインは、培養容器の容量が異なる3つの機器(400 ml、1および3 l)で構成されています。 すべてのフォトバイオリアクターモデルには、さまざまな特別な実験条件に対応するのに役立つ多くの便利なアクセサリが付属しています。

カタログPDF ダウンロード

概要

フォトバイオリアクターFMT150は、ベンチトップカルチベーターとコンピューター制御の監視装置の組み合わせを特長としています。 製品ラインは、培養容器の容量が異なる3つの機器(400 ml、1および3 l)で構成されています。 すべてのフォトバイオリアクターモデルには、さまざまな特別な実験条件に対応するのに役立つ多くの便利なアクセサリが付属しています。

培養容器

  • 平らな長方形のガラス製培養容器で、短い光路により最適な放射照度が得られます。(24 mm(FMT 150/400)、 61 mm(FMT150/1000およびFMT150/3000))が保証されます
  • 異なるサイズ:400mリットル、1リットル、3リットル
  • ステンレス製の底と蓋。センサー用の3つの大きなポート、チューブ用の4つの小さなルアーコネクタ(Ø6/ 3 mm) (FMT150/400およびFMT150/1000);センサー用の4つの大きなポート、チューブ用の8つの小さなルアーコネクタ(Ø6/ 3 mm)(FMT 150/3000)
  • 大型容器の光路を低減する光学プリズムを内蔵しているため、容器の厚さに関係なく24mmの光路を同一視します
  • エアレーション穴(Ø0.7mm)+シリコン接続の一体型エアレーションステンレス鋼U字管
  • プローブキャップ:フォトバイオリアクターのキュベット蓋の未使用のプローブ開口部を閉じることができるステンレス製プラグ
  • 培養による培地蒸発の増加を防ぐために散布空気を湿らせるための加湿器
  • 熱対流を改善するセラミック層で覆われたニッケルメッキ真鍮製の強化容器(オプション)
  • 上部コネクタへのピペッティングインサート:センサーポートに配置された追加のインレットポート(オプション)
  • オートクレーブ可能なデザイン。
  • 温度調節

  • 温度範囲(周囲温度約23°C):5〜75°C(FMT 150/400); 10〜75°C(FMT150/1000およびFMT150/3000)
  • 200Wペルチェ素子(FMT150/400およびFMT150/1000); 400 Wペルチェ(FMT 150/3000)
  • 光源装置

  • LED光源
  • チャンネルを個別に制御出来る2色のライトパネル
  • クールホワイト・レッドまたはレッド・青の組合せ。ご要望に応じて他の色の組み合わせも可能
  • 総照射強度は1.500 µmolまで。 m-2。 s-1(オプションで最大3.000 µmol。m-2。ライトアップグレードでs-1)
  • 光路:24mm(FMT 150/400)、61mm(FMT150 / 1000、FMT150 / 3000)
  • 照明は、強度、タイミング、変調の明るい色に対して独立して調整可能
  • 一定の光の条件またはさまざまな明暗サイクルの交互点灯
  • 個々のサイクルの長さ:数秒から数日まで
  • 光周期のモード:一定の線形増加または減少、日周リズムの単純な模倣のための正弦波モード。  さらに、JavaスクリプトがPhotobioreactor Control Software(高度なバージョンはオプション)に組み込まれており、  高度な光プロトコル(たとえば、実際のバイオマス濃度に応じた自動光強度調整)を作成できます
  • 水柱の照度と均一性を高めるための追加の外部ライトパネル(オプション)。さらに、パネルは、別々に制御可能  なさらに2つの栽培光色を提供することができます。外部ライトパネルは、単色(E-1)、追加のIR LEDを備えた単色(E-2)、および2色(E-3)の3つのバージョンで提供されます。注:外部ライトパネルをマグネチックスターラーと同時に使用することはできません
  • 追加の保護メガネ:過度のLED放射線から保護する放射線安全メガネ–サイドカバーと保護フィルターを装備。保護メガネはデバイスに付属
  • 曝気システム

  • 曝気システムは、培養物への混合と空気/CO2供給を提供します
  • エアレーション穴(Ø0.7mm)+シリコン接続の一体型ステンレス鋼U字管
  • 空気源:バルブ付きのエアレーションポンプで、外径・蛍光測定前のバブリングを遮断し、気泡の干渉を防ぎ、より正確な測定を可能にします
  • オプションで、フォトバイオリアクターFMT 150は、必要なガスの正確な濃度と流量を提供するガス混合システムGMS150にリンクできます
  • ミキシング

  • 曝気(詳細は曝気システム参照)またはマグネチックスターラー(オプション)による混合
  • マグネチックスターラーには2つのバージョンがあります(FMT 150/400用のV-200、FMT 150/1000、FMT150 / 3000用のV-300)
  • 長さ35mm(Ø6mm)のテフロンコーティングされた磁気バーを備えたマグネチックスターラーは、FMT150/400およびFMT150/1000を対象としていますが、長さ60mm(Ø10mm)の磁気バーはFMT150/3000を使用しています。磁気バーは、フォトバイオリアクター内の前面ガラスパネルの垂直面に配置されます。回転速度は約10〜100%の範囲で調整可能です(最大回転はFMT150/400の場合は600rpm、FMT 150/1000の場合は600rpm、FMT150 /3000の場合は400rpmです)
  • ガスによる攪拌ができない場合は、マグネチックスターラーの使用が不可欠です。光合成酸素発生または呼吸酸素摂取量を測定するとき、またはガス供給なしで嫌気的に培養物を成長させるとき。また、ガスバブリングによる攪拌に加えて、細胞の沈降や凝集を低減するためにも使用できます。クラーク型電極をベースにしたO2およびCO2プローブを使用することを強くお勧めします
  • 注:マグネチックスターラーは、外部ライトパネルおよびPWMポンプと同時に使用することはできません

    ODとクロロフィルa蛍光モニタリング

  • 自動監視用の二重変調蛍光光度計(青と赤の励起光)を備えた統合タービドメーター(OD680および720nm)
  • ODとクロロフィルa蛍光測定の光路24mm
  • OD測定は温度補正されています
  • OD720は粒子上の光散乱を測定し、バイオマス増加の代用として機能します。一方、OD680はクロロフィル吸収に関連し、クロロフィル濃度の推定に使用することが可能
  • クロロフィル-a蛍光の測定は、バイオマスの生理学的状態の概算評価に使用することができます。青色および赤色励起光。決定されたパラメータ。F0、FT、FM、F'M、(F'M - FT/F'M)
  • クロロフィルa蛍光測定は、バイオマスの生理学的状態の大まかな評価に使用できます。決定されたパラメータ:F0、FT、FM、F’M、(F’M – FT / F’M)
  • Photobioreactor Control Software(オプション)により、記録されたデータをリアルタイムでリモートオンラインで可視化できます。さらに、このソフトウェアを使用すると、ODデータをさまざまな回帰関数に適合させて、実際の成長率の評価を容易にすることができます
  • センサー

  • pH /温度モジュールには、電子モジュール、メンブレンセンサーとケーブルの組み合わせが含まれます。メトラー・トレド製のアナログpHセンサーInPro 3253SG / 120/PT1000
  • 溶存O2濃度を測定するO2モジュール(オプション)(電子モジュール、膜センサー、ケーブルを含む)。メトラー・トレド製のアナログO2センサーInPro6800/12/120
  • CO2センサー(オプション)メトラー・トレド製デジタルCO2センサーInPro 5000i/12/120。培養懸濁液中の溶存二酸化炭素濃度を測定する(電子モジュール、デジタル通信を備えたセンサープローブ、およびケーブルを含む)
  • 培養計画

  • PBSのシステムの柔軟性の高い使用は、いくつかの追加のポンプの接続と制御によって可能になります。このような設計により、システムを自動レジームで動作させるために、測定されたパラメータ(OD、pH、dCO2、またはdO2など)のいずれかを制御レギュレータとして使用できます
  • 最大8台のペリスタルティックポンプPP 600(オプション)と2台のPWMダイアフラムポンプ(オプション)をフォトバイオリアクターFMT150に接続して、さまざまな栄養素、培地、触媒、阻害剤、毒物、塩基または酸、生物などを供給することができます
  • 流下培養
  • 半連続培養
  • 静置培養
  • 静菌培養
  • 嫌気培養
  • タービドスタットモジュール(オプション):一定のバイオマス量で事前設定された細胞濃度(OD680またはOD720によって決定)を維持します。事前設定された細胞濃度は一定であるか、さまざまな範囲で変動するか、動的に変化する可能性があります。このモジュールには、1つのペリスタルティックポンプPP600とサポートする制御ソフトウェアが含まれています
  • ケモスタットモジュール(オプション):ケモスタットモードでは、pHレベルを定義されたレベルに保つために、培養液のpH値が培養容器への酸または塩基の添加によって継続的に調整されます。このモジュールには、2つのペリスタルティックポンプP600とサポートする制御ソフトウェアが含まれています。 1つのポンプは酸を追加し、2番目のポンプは塩基を追加します
  • pH-Stat / Turbidostatモジュール(オプション):モジュールは、制御されたガス状CO2添加によって調整された静穏培養またはpH-statモード培養のいずれかを可能にします。モジュールには、1つのガスバルブとサポート制御ソフトウェアを備えた1つのペリスタルティックポンプPP600が含まれています。 CO2コンテナは含まれていません
  • ガスミキシングシステムによるpH-Stat培養GMS 150(オプション):GMS 150用フォトバイオリアクター制御ソフトウェア(高度、オプション)により、調整されたガス状CO2添加により培養液のpHを定義されたレベルに維持するJavaスクリプトを作成できます
  • 気密蓋とN2散布による嫌気性培養
  • ぺりスタティックポンプP600は、さまざまな流体を正確かつ均一にポンピングするために使用されます。流体の供給は最小限のシアーで行われるため、生物学的材料への潜在的な損傷はわずかです。ポンプの流量は0.2〜50ml/分です。回転速度、つまりポンプの速度は、ポンプディスプレイを介して手動で制御することも、USBインターフェイスを介してPCで制御することもできます
  • PWMポンプ(使用する膜に応じてガスまたは液体用):PWMポンプは、液体またはガスを培養キュベットにポンプで送るために使用できます。総出力の1〜100%の範囲で調整できます。ポンプにはさまざまな用途があります。(1)培養容器内の空気の泡立ちを制御します。(2)容器への単一ガス入力。 (3)容器の入口と出口に接続すると、嫌気性条件での懸濁混合(バブリング)に使用できます。注:PWMポンプをマグネチックスターラーと同時に使用することはできません
  • フォトバイオリアクター コントロールソフトウェア

  • フォトバイオリアクターFMT 150システム全体とその培養および監視機能と付属品はすべて、フォトバイオリアクター制御ソフトウェアを介して制御できます。制御ソフトウェアは、すべての測定データのオンライン監視と視覚化、およびユーザー定義のプロトコルの作成のための直感的で動的なインターフェースを提供します
  • フォトバイオリアクター コントロールソフトウェアの詳細についてはこちらをご参照ください
  • フォトバイオリアクターバージョン

    アプリケーション

  • 微生物の高精度培養
  • 栄養素、照明等の多様な栽培条件の最適化
  • バイオマスと最終製品の収量の最適化
  • 成長ダイナミクスモニタリング
  • 藻類の規制プロファイリング
  • 光合成研究
  • 光合成色素研究
  • ストレス生理学、生物的および非生物的ストレスの検出
  • 日中または代謝リズムの研究
  • 二次代謝産物生産の研究
  • 自然個体群のバイオプロスペクティング
  • 生態毒性研究
  • 生態学研究、微生物相互作用、個体群動態
  • 環境モデリング
  • マルチカルティベーター MC1000-OD

    MC1000-ODは、藻類、シアノバクテリア、植物細胞などの光合成生物の小規模スクリーニング実験を目的としています
    マルチカルティベーター MC1000の詳細についてはこちらをご参照ください。

    ラージタイプフォトバイオリアクター

    ラージスケールフォトバイオリアクターは、光合成微生物の生産とその代謝物をアップスケールするための人工環境を作り出すシステムです。スタンダードバージョンは平らな培養容器(容量25Lまたは100L)をベースにしていますが、カスタマイズシステムも可能です
    ラージタイプバイオリアクターの詳細についてはこちらをご参照ください。

    測定・校正に関して
    こんなお悩みがありましたらご相談下さい。

    • どの様に光学測定をすればよいのか分からない
    • 複雑な形状な物の測定をしたい
    • 製品の光安全性のリスク評価が欲しい
    • ISO17025認定の光学校正が必要
    • 開発品の評価をして欲しい
    • 第三者測定機関による品質評価をして欲しい

    電話でのお問い合わせ

    ( 平日 9:00 ~ 17:00 )