Photon Systems Instruments サーモルミネセンス測定器TL6000

  • ディテクターとして高感度な光電子増倍管を採用
  • 温度範囲 -100~200℃
  • 外光に影響されない設計のため、研究室条件下での測定が可能
  • リアルタイムデータ表示、デバイス設定のためのタッチスクリーンディスプレイ

概要

熱ルミネセンス機器は、PSIIのエネルギーレベルの構造を調査できます。
PSII反応中心での光誘起電荷分離は、吸収された光エネルギーを保存するラジカルペアの蓄積をもたらします。
加熱により、これらのラジカルペアの再結合が誘発され、発光と特徴的なサーモルミネセンスグロー曲線の形成がトリガーされます。

特徴

高温下のサーモルミネセンスは、過酸化脂質の蓄積の結果として表示され、植物の酸化ストレスを監視するためのシンプルで効率的なツールとして使用できます。

測定・校正に関して
こんなお悩みがありましたらご相談下さい。

  • どの様に光学測定をすればよいのか分からない
  • 複雑な形状な物の測定をしたい
  • 製品の光安全性のリスク評価が欲しい
  • ISO17025認定の光学校正が必要
  • 開発品の評価をして欲しい
  • 第三者測定機関による品質評価をして欲しい

電話でのお問い合わせ

( 平日 9:00 ~ 17:00 )