MERIDIAN カメラ測定システム

  • 水平および垂直解像度(MTF)
  • スルーフォーカス MTF(フォーカシングターゲットプロジェクターを使用)
  • 幾何学的ディストーション
  • 焦点距離
  • 視野
  • ボア照準とロール(特別な DUT 組込を使用)
  • 迷光タイプの測定(オプションの光源を使用)
  • 信号伝達関数(校正された光源を使用)
  • 有色関数(オプションの光源を使用)

カタログPDF ダウンロード

Meridian® FLEX


FieldPoint アプリケーションを搭載した Meridian® FLEX は、カメラユニットに対する複数の光学パラメーターを測定します。

  • 水平および垂直解像度(MTF)
  • スルーフォーカス MTF(フォーカシングターゲットプロジェクターを使用)
  • 幾何学的ディストーション
  • 焦点距離
  • 視野
  • ボア照準とロール(特別な DUT 組込を使用)
  • 迷光タイプの測定(オプションの光源を使用)
  • 信号伝達関数(校正された光源を使用)
  • 有色関数(オプションの光源を使用)
  • Meridian® FLEX プラットフォームは、種々の構成が可能で、多くのパラメーターが結合されているため、仕様を簡単に纏めることができません。 例えば DUT が大きい場合、特定のモードにおける 1 つの移動範囲が短くなることがあります。 構成モードの数を考えた場合、通常、特定の DUT に対して複数の設定方法があります。 従って、下記の仕様は省略された一般的なケースです。 使用される FTP または他の光源によって決定される光学仕様は、本質的にメカニカルなものとなります。 Optikos 社のエンジニアは、DUT およびこのプラットフォームに関して、顧客の要求に対応する為、いつでも質問をお受けいたします。

    MERIDIAN FLEX
    DUT設置部 ほぼ円筒形、直径100mm x高さ100mm
    最大FOV(直交座標モード、コリメータが移動)110°x110° (60mm FTP)
    最大FOV(極座標モード、DUTが移動)半球形
    速度通常、17個のフィールドポイント、フィールドポイントごとに1つのビデオフレームを使用する一般的なWebカメラ測定では、フィールドポイントごとに1秒
    位置精度0.01°

    ※仕様は予告なく変更することがあります。

    Meridian® STARFIELD プロジェクター

    MERIDIAN® STARFIELD プロジェクターは、複数のターゲットプロジェクターを精密に組み合わせた仕様で、エンドユーザーが希望する視野角からテストターゲットを DUT へ投影することによってDUTの視野全体をカバーします。MERIDIAN® STARFIELD で使用されるターゲットプロジェクターは、見かけの物像距離が工場で設定されている固定焦点タイプか、自動焦点が可能なフォーカシングターゲットプロジェクター、または両方のタイプの組み合わせです。DUTの焦点距離に合わせて、さまざまな焦点距離のプロジェクターを利用できます。各プロジェクターには、マイクロコントローラー、工場出荷時の校正データ、および特定のフィールドポイントの明るさをリモートで照会および制御できる独特のアドレスが含まれています。プロジェクターに使用される光源は、ちらつきの問題を回避するためにDC駆動の白色LED が使用されます。さまざまな色温度の白色 LED を提供可能で、NIR 光源にも対応可能致します。

    MERIDIAN® STARFIELDのマウントは、ターゲットプロジェクターバレルを取り付けるための精密な穴と機械加工された厚いプレートで構成されています。これにより、フィールドポイントに対する高精度な繰り返し測定が可能になります。カメラレンズの仕様またはブラックボックスモデルがエンドユーザーから提供される場合、超広角FOVカメラの歪曲収差におけるフィールドポイントを補正する独自のターゲットを設計することが可能です。エンドユーザーが必要とする画角に対して、既存のSTARFIELDのライブラリで満足できない場合、エンドユーザーのニーズに合わせ、特別に調整することも可能です。これには、機械的インターフェースの指定、プロジェクターの焦点距離とターゲットの選択、DUTへの測定距離を最小化する設定が含まれます。ターゲットのケラレがないことを確認し、DUTのイメージプレーンでターゲットパターンのサイズと形状を決定するため、プロジェクター構成を分析する特別なソフトウェアを使用することで最適な構成を確認することが出来ます。

    測定は、Meridian®Primeソフトウェアで行うか、ライブラリ呼び出しを通じて顧客独自のソフトウェアを使用することもできます。

  • 単一フレーム内における複数のフィールドポイントでの水平および垂直MTF同時測定
  • 幾何学的イメージングパラメータ
  • カメラハウジングに対するカメラの見通し線(LOS)の傾斜

    (DUTカスタムホルダーとSTARFIELDの位置合わせが必要)

  • カメラハウジングに対するカメラロール角

    (DUTカスタムホルダーとSTARFIELDの位置合わせが必要)

  • 固定焦点ターゲットプロジェクター
    有効焦点距離*(開口絞り) 35mm (11mm)
    60mm (19mm)
    75mm (23mm)
    80mm (38mm)
    200mm(48mm)
    色温度オプション(白色LED) 3000K, 3500K, 4000K, 4500K, 5000K, 5700K, 6500K
    LED光源寿命 >50,000時間
    コリメーション(利用可能な有限オブジェクト距離) ±0.005ジオプター標準
    ターゲットコントラスト比 標準1000:1、オプション4:1
    ターゲットタイプ 直交クロスエッジ(通常)、歪曲クロスエッジ、 クロスヘア、エッジ
    *必要な焦点距離と絞りがない場合、ライブラリへの追加が可能か検討します。
    電源 100 to 240 VAC
    STARFIELDターゲットプロジェクター
    ターゲットプロジェクターの数 1~98(9と13が最も一般的です)
    ポインティング精度(軸上のターゲットプロジェクターの見通し線上) 半画角<25°:公称値の±0.05°
    半画角<40°:公称値の±0.1°
    半画角<60°:公称値の±0.2°

    ※仕様は予告なく変更することがあります。

    MERIDIAN®フォーカシングターゲットプロジェクター (FTP)


    MERIDIAN®フォーカシングターゲットプロジェクター(FTP)は、見かけの物像距離と投影されたターゲットの明るさの両方をリモートで設定できる小型ターゲットプロジェクターです。
    MERIDIAN® STARFIELD および MERIDIAN® FLEX に使用されている堅牢な MERIDIAN®フォーカシングターゲットプロジェクターは、これを単独で使用する測定にも使用できます。
    FTP は、広範囲に渡る見かけのオブジェクト距離に対し、仮想標準ターゲットを配置出来る便利な手段を省スペースで提供します。
    この機能により、エンドユーザーは、さまざまな共役に対する測定を実行し、省スペースで固定焦点カメラのスルーフォーカス解像度測定を実行できます。取得されたデータは、DUT が実際 に焦点を合わせる物体距離を報告するスルーフォーカスデータとして、アクティブアライメント操作に重要な統計プロセスフィードバックを提供します。
    フォーカシングターゲットプロジェクター(FTP)は、異なる焦点距離で提供され、さまざまな色温度の白色 LEDをユーザーは選択できます。
    すべての FTP は工場で調整および校正されており、全ての校正情報は使用されるシステムに保存されています。

    FTP で使用される標準ターゲットは、直交する「クロスエッジターゲット」ですが、他のターゲットも利用できます。エンドユーザーが希望される測定要件に対する適切なプロジェクターの仕様についてはOptikos 社と相談されることをお勧めします。
    FTP は、その性質上、拡張された目標を投影するプロジェクターであるため、フィールド全体または開口全体で回折制限されない場合があります。
    クリアアパーチャは、特定の距離でケラレが発生しないサイズですが、DUT の入射瞳がシステムの停止機能を有します。
    Optikos 社では測定される MTF に大きく影響しない FTP の選択を勧めます。FTP の堅牢性は、リニア出力エンコーダーと特別なガイドアセンブリの組込で保証されています。特許出願中の駆動方式は、投影されたターゲット中心の高度な直線性を実現します。

    MERIDIAN®フォーカシングターゲットプロジェクター(FTP)
    FTPタイプ 018 039 064 102
    焦点距離 (mm) 18 39 64 102
    有効アパーチャー径 (mm) 8 14 23 23
    標準ターゲットタイプ 4mm
    Crossedge
    5mm
    Crossedge
    8mm
    Crossedge
    10mm
    Crossedge
    標準ターゲット光学密度 1.3 1.3 1.3 1.3
    コリメート時の最大ターゲット範囲 (°) 12.6 7.3 7.1 5.6
    最小虚像距離 -  FTP 取付フランジ(m)* 0.025 0.05 0.35 0.80
    最小実像距離 - 外部焦点面 (m) * -0.10 -0.30 -0.60 -1.20
    最大調整時間 (s) 4 4 4 4
    レチクル上に合わせた対物レンズの焦点面の不確かさ (mm) ±0.012 ±0.012 ±0.015 ±0.020
    視度における画像位置の不確かさ † ±0.005 ±0.005 ±0.005 ±0.005
    ターゲット中心の最大照準偏差 - FTP取付機能(°)‡ 0.04 0.04 0.02 0.01
    取付フランジのノッチからターゲット末端の最大偏差 (°) 0.5 0.5 0.5 0.5
    光源 White LED (3000K、3500K、4000K、4500K標準, 5000K、5700K、6500K)、950nm IR LED

    ※仕様は予告なく変更することがあります。

    投影されたオブジェクトは、最も近い仮想オブジェクト距離から無限遠(コリメーション)まで連続的に移動するように見え、負の無限大から最も近い実像位置まで移動するDUTの後ろに実際のオブジェクトを形成することにご注意ください。通常、DUTはこれら実際のオブジェクトを撮像しませんが、移動範囲のこれら半分が、名目上コリメートされたオブジェクトのスルーフォーカスMTF測定を実行するために提供されます。
    †絶対画像位置は、FTPのレチクル位置の非線形関数であるため、ディオプトリで不確実性を表現する方が便利です。不確実性は、FTPのクリアアパーチャの5分の1の直径を持つ開口絞りを通して見たレチクルの中心と、レンズの焦点距離の無限から50倍までの物体距離に関係します。‡FTPは、移動範囲にわたって照準を維持します。照準誤差は、全移動範囲にわたり角度単位の機械的な調整機能によって規定されています。
    有限の見かけ上の物体距離については、横方向物体シフトは、FTPの正面側焦点から物体までの距離を測定し、照準誤差を適用することによって計算することができます。たとえば、64mmのFTPで2 mの距離に投影された物体の最大横方向の不確かさは2000tan0.02˚= 0.70 mmです。
    Meridian®シリーズは、新しいカテゴリーであるカメラユニットの特性評価や品質管理の種々要件を解決する製品で、ユーザーの要求に応えることで進化を続けています。ISO 9001:2015を取得しているOptios社は、光学画像品質測定装置分野において世界で最も大きな製造メーカーです。レンズ設計や製品開発、委託測定等をサポートする光学製品開発サービスのリーダー的なサプライヤとして認められており、さまざまな工業製品メーカーのビジョンを現実にするお手伝いをしています。

    測定・校正に関して
    こんなお悩みがありましたらご相談下さい。

    • どの様に光学測定をすればよいのか分からない
    • 複雑な形状な物の測定をしたい
    • 製品の光安全性のリスク評価が欲しい
    • ISO17025認定の光学校正が必要
    • 開発品の評価をして欲しい
    • 第三者測定機関による品質評価をして欲しい

    電話でのお問い合わせ

    ( 平日 9:00 ~ 17:00 )