プラントサイエンス

Plant-science

フォトバイオリアクター FMT150

    フォトバイオリアクターFMT150は、ベンチトップカルチベーターとコンピューター制御の監視装置の組み合わせを特長としています。 製品ラインは、培養容器の容量が異なる3つの機器(400 ml、1および3 l)で構成されています。すべてのフォトバイオリアクターモデルには、さまざまな特別な実験条件に対応するのに役立つ多くの便利なアクセサリが付属しています。

  • 短光路により最適な照射が可能な平らな培養容器
  • 蒸気滅菌、化学滅菌に適したガラス素材
  • 2色LEDパネル
  • 培養条件(照度、温度、エアレーションなど)の精密なコントロールが可能
  • 光学密度、クロロフィルa蛍光の測定が可能
  • 可変培養計画(pHスタット、タービドスタット、嫌気性など)
  • PBRのカスケード接続により、さらにスケールアップ可能
  • キャスター付きで操作しやすいコンパクトなデザイン
  • カスタマイズにも対応
  • オンラインソフトウェア制御
測定できる単位:
培養条件(照度、温度、エアレーションなど)、光学密度、クロロフィルa蛍光、可変培養計画(pHスタット, タービドスタット, 嫌気性など)

ラージスケールフォトバイオリアクター

  • 短光路により最適な照射が可能な平らな培養容器
  • 蒸気滅菌、化学滅菌に適したガラス素材
  • 2色LEDパネル
  • 培養条件(照度、温度、エアレーションなど)の精密なコントロールが可能
  • 光学密度、クロロフィルa蛍光の測定が可能
  • 可変培養計画(pHスタット、タービドスタット、嫌気性など)
  • PBRのカスケード接続により、さらにスケールアップ可能
  • キャスター付きで操作しやすいコンパクトなデザイン
  • カスタマイズにも対応
  • オンラインソフトウェア制御

フォトバイオリアクター コントロールソフトウェア

  • 培養色ごとに独立して光体制を完全制御
  • 温度
  • 680nmと720nmでのOD測定
  • クロロフィル蛍光パラメータ(FT、FM、QY)
  • pH、dO2、dCO2
  • スパージングガス
  • マグネチックスターラー
  • タービドスタット培養、ケモスタット培養、pHスタット培養
  • タービドスタティックモード時の培地消費量
  • 追加ポンプ
測定できる単位:
フォトバイオリアクター制御ソフトウェアは、マルチ培養器、小型および大型のフォトバイオリアクターとその付属品からなる幅広いPSI培養装置向けに開発された汎用ソリューションです。 このソフトウェアは、記録されたデータをリアルタイムで視覚化するための直感的でダイナミックなインターフェースを提供し、オンラインリモートアクセスも可能です。 個々の培養パラメータをユーザーフレンドリーな方法で調整することにより、数多くの高度なカスタム培養プロトコルを簡単に設定することができます。 グラフィカルなインターフェースによる実験条件の標準的な制御に加えて、制御パラメータのユーザー固有の変更を行うためのJavaスクリプト(オプション)も利用可能です。 これにより、ユーザーの要求に応じて実験条件を無制限に設定することができます。 リアルタイムのデータ可視化とデータ処理により、適切な実験管理のための早期フィードバックが可能です。インテリジェントな検索を含むデータベースへのデータ保存を実装しています。 MS ExcelやLibreOfficeへの複数実験のエクスポート機能により、得られた結果を徹底的に活用することができます。

測定・校正に関して
こんなお悩みがありましたらご相談下さい。

  • どの様に光学測定をすればよいのか分からない
  • 複雑な形状な物の測定をしたい
  • 製品の光安全性のリスク評価が欲しい
  • ISO17025認定の光学校正が必要
  • 開発品の評価をして欲しい
  • 第三者測定機関による品質評価をして欲しい

電話でのお問い合わせ

( 平日 9:00 ~ 17:00 )