UPRtek社 ハンディ型分光放射照度計(受光部分離)PG200N

  • 照度、分光放射照度、PPFDの測定が可能
  • 波長範囲 350~800nm
  • 受光部の分離が可能
  • 水平位置を管理する位置センサーを搭載
  • 防湿設計で農業
  • 海洋分野のアプリケーションに最適
  • JIS AA級準拠

概要

PG200Nは受光器分離タイプのハンドヘルド分光器です。
受光部と表示部をケーブルで繋げて分離できます。
水平位置を管理する位置センサーを搭載しているので、受光部の位置アライメントを適切に行うことが可能です。
波長範囲は350~800nmですので、可視域だけでなく紫外・近赤外域にも感度があります。
植物の光合成に関係するPPFD単位の測定ができ、IP66の防水規格にも準拠していることから植物研究・農業分野のアプリケーションに最適です。

  • 一般照明、LED照明の測定
  • 農業
  • 植物研究

測定・校正に関して
こんなお悩みがありましたらご相談下さい。

  • どの様に光学測定をすればよいのか分からない
  • 複雑な形状な物の測定をしたい
  • 製品の光安全性のリスク評価が欲しい
  • ISO17025認定の光学校正が必要
  • 開発品の評価をして欲しい
  • 第三者測定機関による品質評価をして欲しい

電話でのお問い合わせ

( 平日 9:00 ~ 17:00 )