軸上波面収差測定器 OPAL300

  •  SHセンサー Optino XSを搭載 
  •  レンズ中心アライメントのためのXYステージとチルトステージ
  •  光軸での波面収差スキャンのためのZ軸ステージ
  •  専用ソフトウェア Sensoftによる装置制御
  •  イメージ取得と解析のための専用ソフトウェア Sensoft
  •  ユーザーサイトでの校正による高精度測定
  •  標準φ12mmビーム径
  •  エクスパンダ―レンズとの組み合わせでφ60mmまでのビーム径対応
  •  自己校正のためのピンホールと組み合わされた透過平行光ユニット搭載

概要

Spot Optics社が提供する軸上波面収差測定器です。測定サンプルのレンズ中心出しのためのXYステージとチルトスーテジが備わっており、波面収差スキャンのためのモーター駆動のZ軸ステージが備わっています。シャックハルトマンセンサーとこれらのステージが組み合わされた本器は、波面収差解析のためのイメージを容易に見つけることができるように筐体設計されています。

アプリケーションソフトウェア SenSoft 解析結果例

  • レンズ性能評価(MTF,EFL,BFL,ザイデル収差,面形状等) 
  • FAレンズ、テレセントリックレンズ、デジタルカメラレンズ等の評価解析
  • 携帯用レンズ 
  • 車載用レンズ 

測定・校正に関して
こんなお悩みがありましたらご相談下さい。

  • どの様に光学測定をすればよいのか分からない
  • 複雑な形状な物の測定をしたい
  • 製品の光安全性のリスク評価が欲しい
  • ISO17025認定の光学校正が必要
  • 開発品の評価をして欲しい
  • 第三者測定機関による品質評価をして欲しい

電話でのお問い合わせ

( 平日 9:00 ~ 17:00 )