Gamma Scientific社 VR/AR/HUD測定システム

  • VR/MR/AR/HUD向けディスプレイ測定システム
  • ロボットを使用することで人間の目の動きを再現
  • VR/ARデバイス評価に必要なMTF/アイボックス/均一性/VID/パララックス/IPD/収差などの特性評価が可能
  • オートフォーカス機能を搭載したカメラによるベストフォーカス測定
  • カメラは人間の視力を超える250pixels/degreeの高解像度
  • IEC/SID/IDCM委員会のよって定められた最新の規格に準拠した測定システム
測定できる単位:
輝度、放射輝度、色度、色温度、分光、MTF、輝度/色度均一性、MTF均一性、アイボックス、視野角、VID(Virtual Image Distance)、収差、色収差、パララックス、IPD、透過率

カタログPDF ダウンロード

概要

本システムはVR/AR/MR/HUD向けディスプレイ測定システムです。
VR/AR/MR/HUDのようなNED(Near-Eye Display)のヴァーチャルイメージ評価及び生産管理に適しています。
ロボットを使用することで人間の目の動きを再現し、より現実的な特性評価が可能です。加えて、専用ソフトウェアに各測定項目・測定条件を事前にセットすることで、ロボットによる全自動でスピーディな測定を実行できます。
分光放射計を搭載することで高精度な輝度・色度・分光測定を可能にし、誤差を最小限に抑え、繰り返し再現性の精度を向上させます。また、人間の目の中で最高の視力を持つ部分である中心窩の視野角が2度程度なことに合わせて分光放射計のアパーチャーも2度に設定しています。
NEDの評価に必要なすべての測定項目を評価することができ、IEC/SID及びIDCM委員会で定められた最新の規格に基づいた測定システムを提供します。

  • EyeローテーションとPupilローテーションの2種の動きを評価可能
  • カメラに±10Dのオートフォーカス機能を搭載
  • 人間の瞳に合わせた入射瞳計2~5mmに対応
  • ソフトウェアはSDKによるカスタム可能
  • AR/VR/MR ディスプレイ
  • ヘッドアップディスプレイ、ヘッドマウントディスプレイ
  • 航空機用ディスプレイ
  • 医療・ヘルスケアAR/MRデバイス

測定・校正に関して
こんなお悩みがありましたらご相談下さい。

  • どの様に光学測定をすればよいのか分からない
  • 複雑な形状な物の測定をしたい
  • 製品の光安全性のリスク評価が欲しい
  • ISO17025認定の光学校正が必要
  • 開発品の評価をして欲しい
  • 第三者測定機関による品質評価をして欲しい

電話でのお問い合わせ

( 平日 9:00 ~ 17:00 )